窓の断熱-夏の省エネに役立てば・・・

だんだん暖かくなり、夏が近づいてきたのを感じる気候になってきました。

去年は、かなりの猛暑で厳しい夏でした。今年はどんな気候になるのかと心配しています。

記憶に新しい東日本大震災。。。その影響で、今年の夏は、エアコンをフル稼働させることは難しいようです。

節電を強いられる今年の夏、エアコンが自由に使えない夏・・・どう切り抜けるかを考えなければなりません。

そこで今回、注目してみたいのがです。

家の中で最も熱を通しやすいのが、窓といわれています。

 

夏は家全体の70%の熱が入り、冬は家全体の40%の熱が窓から逃げています。

 

この窓からの熱の出入りを改善してあげると、家の中のエアコンの効率はあがり、省エネへと繋がります。

ではでは、実際どうすれば効果が上がるのか?・・・いくつか例をあげてみます。

 

まず、一番単純で意外と効果のあるもの

「すだれ」「よしず」です。

窓の外側に設置してあげると、日差しをさえぎってくれるので、意外に効果があります。

また、特別な工事も必要ないのが良い点でしょう。

 

次にあげるのは 「断熱フィルム」です。

これは窓のガラスに張り付けるだけなので、比較的楽に設置できます。

効果の程は・・・フィルムの質によりといった具合でしょうか。紫外線・赤外線をカットして室内の温度上昇を抑えてくれます。

また、ガラスの飛散防止にもなります。

 

次は 「内窓設置」です。

これは文字通り、今ある窓の内側にさらに窓を設置するという形のものです。

内窓を設置することで、窓と窓の間に空気層ができ、断熱性を高めてくれます。また、同時に防音性も高まります。

ただ、窓が2つ付く形になるので、窓を開ける時が少々面倒であるのと、見た目が少し悪いかもしれません。

しかし、効果はかなり期待できるといったところでしょうか。

 

最後は 「ペアガラス」

これは、2枚のガラスの間に空気層を挟み込んだもので、挟み込んだ空気層で断熱します。

また、内窓と同様に防音効果も期待できます。

これもかなりの効果を期待できるのですが、

ガラスをペアの物に交換しなければならいこと、品物によっては、ガラスの交換だけでは対応できないものがある等の問題があります。

しかし、ペアガラスで対応できる場合は、見た目がスッキリするというメリットもあります。

 

長々と書いてしまいましたが、窓の断熱方法は、色々とあります。

他にも工夫次第では、断熱方法は色々とありますので、暑くなる前に

対策を考えてもいいかもしれませんね。。