再液状化

昨日、テレビで「再液状化」というものについての番組を放送していました。

再液状化とは?

文字通り、液状化現象が再び起こることです。

東日本大震災の際には、埋立地等の地盤の弱い場所で液状化が起きました。

一度、液状化が起これば、地盤の水分が抜けて液状化が起こりにくくなる場合もありますが、

埋立地や沼地のような、水分が常に供給されるような環境の土地は、再度液状化が起こる可能性が大いにあります。

 

とはいえ、再液状化が起こる確率は、そんなに大きくはないみたいです。

地震の起きる場所、大きさ、建物の建っている場所、建物の状況、地盤の状況などにより変わってくると思います。

実際に地震が発生してみなければわからないというところはあります。

 

しかし、ボーリング調査等により、液状化を起こしやすいかそうではないかという調査はできます。

地盤の現状を知っておくことで、色々と対策が出来ると思います。

調査だけであれば、費用も驚くほどはかかりません。

一度、自分が住んでいる場所の地盤を調査してみてはいかがですか??