LED照明を使ってみて。。。。。

今回はLED照明を使用した感想を書いてみたいと思います。

 

シーリングライトとダウンライトを使ってみました。

まずは、シーリングライトから。

特徴は、

○昼光色から電球色までの調色、連続調光ができる。

○エコセンサーが付いていて、室内の明るさに合わせて照明の明るさを調整し、消費電力を抑えてくれる。

といったものです。(※上記の機能を使うには別途リモコンが必要でした)

 

使ってみた感想は、使い始めは、LED特有の影ができ、多少気になりましたが、すぐに気にならなくなり蛍光灯の時と変わらない使用感です。

また、調光の機能が、意外に使える機能で、夜中リビングの窓を通風の為に、開けたまま寝る時に、防犯のために薄暗くシーリングをつけたり等といった使い方ができました。電気代については・・・・まだわかりませんが、消費電力は減っているので、多少は省エネになっていると思います(笑)

 

次にダウンライトを使ってみて・・・・

キッチンの上の白熱電球仕様のダウンライト×2との交換しました。

このダウンライトの特徴はというと・・・・

○LEDを使用している

のみです。特に調光もエコセンサーもついていません。

使った感想は、白熱電球に比べて明るくなったように感じました。

そして、白熱電球に比べて、熱くなくなりました。

白熱電球の時は、キッチンに立つとその熱を感じていたのですが、LEDにすると、熱を感じなくなりました。キッチンは、火を使うところなので基本的に熱いです。その中で、わずかながらではありますが、照明の熱が今までより減ったというのは、大きな違いです。

 

LEDは蛍光灯、白熱電球と比べると、消費電力が少なくなりますが、発熱量も少ないのも特徴です。発熱量が少ないということは、多少なりとも夏のエアコン代の節約になります。今回は、それを実感できたような気がします。