耐震診断助成制度

最近、住宅の耐震診断を続けて何件かやらせていただきました。

足立区内の住宅なのですが、条件が合えば、足立区から助成金が出ます。 

まず、耐震診断とは??と思われる方もいらっしゃると思うので、簡単に説明を・・・

耐震診断とは、地震に対する建物の強度を調査し、どの程度の安全性があるかを調べるものです。

現在の建物の安全性を判断する目安になります。 

その耐震診断の費用を足立区が助成してくれるという制度があるのです。

助成を受けるためには、木造戸建住宅の場合ですと

「昭和56年5月以前の旧耐震基準で建築された2階建以下の木造住宅で、区登録耐震診断士が耐震診断を行うこと」

という要件で、最大10万円まで助成してもらえます。

さらに、強度が不足している結果が出た建物には、耐震改修もしくは除却工事の費用も一部助成してもらえます。

(※詳細をお知りになりたい方は、弊社もしくは足立区役所建築安全課建築防災係までお問い合わせください

足立区としては、地震による建物の倒壊などの被害を未然に防ぎ、安全・安心な住まい・まちづくりを実現できるようにとの考えで、助成を行っているようです。

他には、

家具等の転倒防止工事

道路に面した建物の窓ガラス、又は家具等の窓ガラスに、飛散防止フィルムを貼る工事

道路に面したブロック塀の倒壊を防止するための補強工事

などにも助成制度があります。

「備えあれば憂いなし」とまではいかないかもしれませんが、助成制度の力を借りて、地震時の被害を少しでも減らすことができれば、いいのではないでしょうか?