一級建築士事務所

住まいの設計・企画・施工監理を行っております。

住み良い家づくりのお役に立てればと思っておりますので、

建物に関すること、何でもご相談ください。

こちらでは家づくりに関する様々な情報を

発信していきたいと考えています。

 

業務内容 ・設計・施工監理 (建築確認申請,各種申請業務,施工監理) ・耐震診断・改修工事監理 ・既存住宅状況調査(インスペクション) ・建築相談
建築士事務所登録番号 一級建築士事務所東京都知事登録第45178号
保証・保険登録  財団法人 住宅保証機構「まもりすまい保険」

Topics

シロアリ被害(2)

以前に(かなり昔ですが・・・)シロアリ被害について書いたことがあります。

今回は、実際にシロアリ被害にあった物件について少々お話を。。。

先日、とあるアパートの改修を行いました。

簡単なリフォームの予定だったのですが、床(畳)が妙にへこんでいる部分があるなと思い、床下を調べてみましたところ・・・・

梁が、シロアリに喰われていました。

(赤で囲んだ部分が、シロアリに喰われていました)

それにより、床を支えきれずに畳がへこんでしまったということです。ちなみに2階です。

シロアリは、もういなくなっていたのですが、梁が喰われて、その上の柱も宙ぶらりんな感じになっていました。

当然、このままではまずいので、オーナーさんと話をし、補修することとなりました。

とはいっても、2階からの補修というのと、予算の話もあり、現状より悪くならないように補強をする程度となりました。

実際、梁が喰われた状態で、かなりの年数経っておりましたので、完全に修復することはかなり難しい状態でした。

ということで、シロアリに喰われた梁に新たな梁を抱かせ、床組を整えて・・・という具合で復旧しました。

  

(オレンジで囲んだ部分が、新たに設置した梁です。その後、右の写真のように床を復旧しました)

今回は、一部分の被害で、他の部分に被害は見られなかったのですが、これが広範囲での被害だったらと思うと怖いです。

眼で見える範囲でも、気づいたらシロアリに喰われた後ということがけっこうあります。

建物で、おかしいな?と感じるところがあったら、色々と疑ってみるといいですね。

シロアリ以外でも、何かしらの不具合、経年劣化など、色々とありますから。。。

リノベーションしました

今回は、リノベーションを行った物件の紹介をしたいと思います。

物件は、築40年程たつ鉄筋コンクリートの賃貸マンションの一室です。

和室×2+キッチンの2Kとなっています。年数が経つので、かなり年季の入った感じになっていました。

 それを今回、間取りを変更し、設備を一新し、室内になかった洗濯機置き場追加し、

1Kの間取りに変更しました。

 こちらが、改修前

  

 こちらが、改修後

      

 前と後を比べると、かなり綺麗になりました。

年数が経っているとは言え、直せば、まだまだ使えますね。

他にもリノベーションした物件は色々とありますので、機会があれば紹介していきたいと思っております。

 

インスペクション

先日、インスペクションなるものの講習にいってきました。

インスペクションとは、既存住宅状況調査と呼ばれるもので、建物の・・・基礎、外壁、屋根、床、柱、内壁、天井、バルコニー、雨漏り、耐震性・・・等の状況を調査することです。

一日がかりの講習で、さらに最後には終了考査で試験だったので少々疲れましたが、非常に勉強になりました。

この既存住宅状況調査ですが、中古住宅の動きを活性化させる狙いがあるみたいですね。

中古住宅を購入するときには、その住宅に欠陥はないだろうか?と誰もが心配すると思います。その欠陥をチェックするのがインスペクションです。

といっても、基本は目視の調査となりますので、完璧にチェックできるわけではありません。

しかし、建築士等の建物のプロが調査するので、やるのとやらないのとでは大きな違いがあると思います。

 現在、住宅総数が世帯総数を上回り、家が余っている状態です。

探せば、様々な住宅が見つかると思います。

家を購入するときには、少しでも質のいいものを購入したいと思います。

そんな時には、インスペクションが役に立つかもしれません。